コンビニ

1/1
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/9

コンビニ

 三十分ほど前から降り出した雨は、勢いを増していた。  コンビニのレジカウンターに立つバイトの青年は、その雨をぼんやりと眺めていた。  休日の昼間だってのに客が少ないぞ。  まあ、楽で良いけど。  ていうか、何ならもうこの先は一人も来なくてもいいな。  そんな事を考えていた。  今、コンビニの中には化粧の濃い女が一人いるだけだ。  さっきからずっと立ち読みをしている。  自動ドアが開き、チャイム音が店の中に鳴り響いた。  ツイてない。客が来ちゃったじゃないか。  水滴の落ちるビニル傘を、出している傘立てに入れる客を見ながら、雨が吹き込むから早く入れよ、とバイトは心の中で罵った。 「いらっしゃいませ」  マニュアル通りに出迎えの声だし。もちろん、それに何かの反応があるわけでは無い。  入ってきたのは、アロハシャツを着た若い男だった。  髪は金色で、耳にはピアスをつけている。  何が楽しいのか知らないが、笑っていた。  ロクな奴じゃない。  金髪男を見ながら、バイトはそう思った。
/9

最初のコメントを投稿しよう!