〈 Ⅰ 〉咲と奏

1/2
36人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

〈 Ⅰ 〉咲と奏

「ドガピシャガラーンいうてん」 「そうなん?雨と雷さんやったん?」 「うん」 黄色の雨合羽に黄色の長靴で、水溜りをわざと選んで(そう)は歩いた。 つい先月までは、必ず手を繋ごうとしてきたのに、最近はひとりで歩きたがる。 「奏、お手てつなごう。もうすぐ大きい道に出るし」 夕食の買い物はリュックに入っている。雨の日はスーパーのビニール袋を持って傘を差すと、奏と手が繋げないからリュックにしたのに。 夕立を受けた道端の紫陽花は、白い花弁ひとつひとつに露をしたためている。 かなり強い雨だったらしいが、小さな花弁たちは、しっかりと開いたままでこちらを見つめているようだった。涙を湛えているようにも、清々しい汗をかいているようにも見える。 雨はもう上がっている。それでも奏は黄色い雨合羽のフードを被ったまま、紫陽花の前から動かなかった。 「おかあさん、でんでん虫や」 緑の葉の上にいる小さな小さなカタツムリを、同じ小さな指先で指差しながら振り返った奏は、大発見をしたように頬を紅潮させている。 カタツムリを初めて見たわけでもないだろうに。 「ドガビシャガラーン、いうたのになっ!こんな小さいのになっ!」 鼻を膨らませて、ちょっと興奮しているみたいにカタツムリを指差している。 そんなに凄い雨だったんだね。 最近、このあたりの気象はおかしい。三駅離れた私が働く街が晴れている時に、いきなり大雨が降る。ほんの一時(いっとき)だけれど、もれなく雷も付いてくる大雨を、義母は『スコールみたいに』と言った。海外旅行をしたこともないから、スコールなんて知らないくせに。 「小さいでんでん虫やね。葉っぱの傘に守ってもらったんやね」 私の声かけに頷くでもなく、奏はまた紫陽花の方に向き直り、その前を動かなかった。 「奏、行こう。また凄い雨降ってこないうちにおうち帰ろ」 彼に向かって手を伸ばすと、ちょっとキョトンとした顔をした。 「お母さん、お買い物どっか忘れた?」 「お背なのリュックやよ。奏の遠足みたいやね」 「そっかあ、おせなかあ」 奏はそう言うと、小さな手で私の左手をキュっと握る。 彼のフードを外した。 「今は雨やんでるよ」 そう言って左手の方を見下げる。 奏は私の腿のあたりから見上げて 「はよ、かえろか。おなかすいたな」 と笑った。少し大人びた言い方。まるで・・・ 遠くの空に真っ黒な雲が見える。あの雲が来るまでに家に入りたい。 左手の奏の小さな手をキュと握ると、ちょっと舌ったらずな話し方で言う。 「おとうさん、くるまえにかえろか」 うん?おとうさん? 謎の言葉を言った奏は、大きな声で新しく保育園で教わった歌を歌いながら歩く。 私の一歩は、奏の二歩。私が急ぎ足で歩くと奏は小走りになる。 ごめんね。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!