たとえ赤い糸が互いの小指に無くとも

一番傍に、居る。

14 334

4分 (1,832文字)
超・妄想コンテスト第104回『赤』出品作品です。
あらすじ
感想・レビュー 1
淡々と物語は進むが…引き込まれる文体
その他情報

公開日:2019/6/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る