ぷちっ

優しいだけでは何も護れない

10 52

9分 (4,919文字)

あらすじ

打たれても打ち返すことのない、優しいミウラ。 その優しさのために、搾取されるばかりのように見えて、「わたし」は心配だった。 大人になってから再会したミウラは幼い子供を連れた母親になっていた。 ミウラは

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

静かに揺さぶる技術

「その瞬間」のためにテンションを高めていくという、流れの作り方が巧いですね。最後はこうなるのかな、という私の予想を素晴らしい形で裏切られ、静かな、それでいて揺さぶってくるような感動を覚えました。さすが

その他情報

公開日 2019/6/12

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る