さよならの向う側

通勤電車での片思いを書いてみました。

古斑 汐桜(こむら しお)

恋愛 完結
1分 (439文字)

5 11

あらすじ

毎朝、同じ時間、同じ車両で出会う彼。 苦痛だったはずの満員電車が、彼を見られる大切な場所になった。 …でも、私の片思いは、突然終わりを告げる 4月から、満員電車に揺られて通勤しています。そんな時にふ

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る