僕のクロ歴史 ― 闇タロウとチョット愉快な仲間たち

中二病まっさかりの俺の前に現れたのは不思議な黒猫だった。次に読みたいファンタジーコンテスト「闇/病み」参加。

17 381

18分 (10,609文字)

あらすじ

ククク、我は闇の帝王。人間どもよ、ひれ伏すがよい! ……などと意味不明なことを呟きまくる、中二病患いまくりの僕のクロ歴史。 ついうっかり世界を滅亡させるところデシタ。 小説家になろうでも掲載中デ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/14

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る