アカシカの夜

1/11
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/21

アカシカの夜

ーーーーーーーー魔が差した。  そんな後悔が全身を縛りつける様に動く事が出来ない。  興味本位という安易な理由で踏み込んだ古びたダム  霧がかった視野の中には薄っすらと巨大なそれが現れた。  唯一、動く瞼を強く瞑った。  まるで地鳴りのような喉を鳴らす音に、全身が痺れるような感覚に陥る。  全身を氷の針で突き刺したような冷たさと激痛の中。  緊張感で自身の鼓動が、耳に伝わる程の恐怖で全身を支配した。 しかし、好奇心は恐怖に勝り薄っすらと眼を開けてしまった。
/21

最初のコメントを投稿しよう!