サヨナラ

1/2
22人が本棚に入れています
本棚に追加
/21

サヨナラ

「そう言えば小林ってどうなったんです?」 「あぁ彼ね。メディアが”神隠し”だとか奇跡の生還だとか五月蠅いから転院したよ。一年も行方不明だったんだから精密検査も受けないと、此処より良い機材のある病院だから安心だよ」  仲良くなった看護師さんとの世間話の最中、もう退院だったため思い切って聞いてみたが、いつの間にか小林は違う病院に移った事を知った。  自分の怪我は大した事はなく、入院と言っても検査入院で一週間様子見の末今日に至る。 「お世話になりました。迎えに来てくれるようなので先に荷物をまとめておきます」 「じゃあね、もう山で遊んだりしちゃ駄目だよ」  そう言い看護師と別れた病室は個室で有った為、伽藍とした無機質な病室に早変わりする。  荷物を片づけ終り、忘れ物が無いかをチェックしている時だった。  もう迎えに来たのかと足音が近づいて来るのを聞きながら、病室のドアの無い入り口を振り返った。
/21

最初のコメントを投稿しよう!