ケース2

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/4

ケース2

わたし、学校へいくのがすごくきらい。 だってみんなわたしの嫌なことするんだもん。 わたしのだいじなかばんをトイレにすてたり、机にたくさんきたないこと書いたり、くつをかくしたり、みんなで無視するの。 でもね。保健室の先生だけがわたしのみかた。 かわいいぬりえをくれたし、口紅みたいにキレイなクレヨンもくれたの。 先生はいつも笑顔でやさしく話をきいてくれるのよ。 あるときね、わたし先生に言ったの。 将来、先生みたいなすてきな先生になるって。 先生は笑顔でこう言ったわ。 「それなら、将来貴女みたいにすごく辛い思いをしている子にこう言ってあげてね」 <ケース2>生徒自殺誘導事件 某小学校で自殺及び自殺未遂が連続で発生する事件が起きた。 調査の結果、校内でいじめが頻繁に発生していたことが明らかになった。 重要なことは、このいじめ被害者たちに対して極めて不適切な処置をした教員がいるということである。 「保健室の先生」と呼ばれるその教員は、いじめを受けている生徒に対し「そんなに辛いのならばこうしたらいい」と自殺・自傷行為をアドバイスしていたことが判明した。 追記ではあるが、この教員も幼少期にいじめ被害にあっていた。そして、当時それに対応した教員もまた生徒に不適切なアドバイスをしていたと判明し解雇されていた。 今回の事件とこの教員の過去が関係しているかは未だ明らかになっていないが、警察は何らかの関連性があると調査を行っている。 なお、教員が使用していた「相談室」には異常とも思われる数の赤いクレヨンと、それを使用したと思われる真っ赤な塗り絵たちが発見された。 通常絵を書かせて精神状態を見極めるという方法はあるらしいが、それにしてもその真っ赤な絵たちは異常としか言いようがないものであったと警察は言う。
/4

最初のコメントを投稿しよう!