第1話 狂い咲きの季節 1

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/47

第1話 狂い咲きの季節 1

 風早圭一。  転校生の名前を先生が黒板へ書いた時、わたしは、比喩でなく息をするのも忘れて見入ってしまった。  間違いない。圭一だった。  向こうはこっちに気付いていない。大丈夫、大丈夫だ。平然としていれば、知らない振りをしていれば大丈夫だ。  わたしは黒板から目をそらして、興味がないような振りをして。しかし、ざわついたような雰囲気に顔を上げると、圭一と目が合った。  もしかして、わたしを見ていた?  いや、きっと考え過ぎだ。あれから5年も経つ。小学生のわたしと高校生のわたしと、見比べでもしなければわかるわけがない。  でも、隣の席に座った圭一は、よろしくねというわたしの顔を見て、驚いたような、何か言いたげな顔をしていた。  あの頃のわたしを思い出したのかもしれない。そう思うと苦しく、同時に胸の片隅が少しだけ温かくなった。  久しぶり、圭一。そして、初めまして。
/47

最初のコメントを投稿しよう!