第2話 青春ミサイル 22

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/47

第2話 青春ミサイル 22

 風早圭一です。よろしくお願いします。  いつもの儀式だ。新参者の転校生は、大人しく頭を下げて、仲間に入れてもらえるように頼まなければならない。  少なくとも、目立たないようにして、いじめないでくださいね、と片足からそっとクラスに入るのだ。  しかし、その日、俺は少しだけ悪目立ちしてしまった。よろしくお願いします、と下げた頭を上げてくる途中で姿勢が固まってしまったのだ。  朝比奈恵(あさひな めぐみ)がいた。  幼稚園から小学校まで一緒だった幼馴染みが。でも、彼女の方は俺に気付いていないようだった。  隣の席に座った俺に、よろしくねと普通に声をかけてきた。その名前は、朝比奈恵ではなく、海野美月(うんの みづき)。  どうやら別人だったらしい。  海野は、長い黒髪を綺麗に整えた清楚な感じの女の子。ボーイッシュで男勝りだった恵とは、まるでタイプが違う。  ただ、きらきらとした目元だけが、どこか懐かしさを感じさせた。
/47

最初のコメントを投稿しよう!