第3話 狂い咲きの季節 2

1/1
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/47

第3話 狂い咲きの季節 2

 その日のあたしは荒れていた。  渚の前で荒れていないことなんて、まずないのだけれど。朗らかで優しくて、文武両道、才色兼備の海野美月か。  あんなものは偽物だ。  わたしが輝けば輝くほど、あんたは苦しくなる。そのためだけに、あたしは、わたしを磨いてきたんだ。  あんたがいなけりゃ、あたしがなっていたはずの未来を見せてやっているんだ。なんであたしが、学校で冷や汗をかくような目に遭わなきゃならないんだ。  ちゃんと! 調べて! おけよ! グズが!  一言ごとに、あたしは、丸まった渚の背中に蹴りを入れる。  すいません、でも、さすがに転校生までは、と言い訳をしてくる。あたしは、余計に腹を立てて、  でも? さすがに? 口答えするのかよ!  ドン! と、踏みつけるようにしてやる。渚、あんたの人生はあたしのものだ。そうだろう?  はい、恵のものです。  その返事に、あたしは満足して足を投げ出した。深々とソファーに座り、丸まった渚の背中に足をのせる。  あたしの幸せはこの瞬間だけだ。これまでも、そしてこれからも。
/47

最初のコメントを投稿しよう!