愛しています

3/6
1039人が本棚に入れています
本棚に追加
/186ページ
今は、確かに私は樹さんに愛されている。そして私も、心から、死ぬほど、樹さんを愛している。 毎日そんな幸せな状態を実感出来る環境にある私の執筆作業は、面白いほどスムーズに進むのだった。 「締切、まだまだ先だよな」 すると樹さんが少しニヤッとして言ったので、私は眉をひそめてこう答えた。 「うん、そうだよ」 「じゃあちょっとくらい休憩しようよ」 「え……? まあいいけど」 考え無しに返事をしてしまう私。ーーすると。 「よし、じゃあ行こう。ーー寝室」 そう言いながら、私を椅子から強引に立たせて、軽々と抱っこしてしまう。その瞬間、彼の言う「休憩」の意味を理解し、私は青ざめた。 「は、はあ!? ちょ、ちょっと! 待って!」 「待たない。せっかくの休みなんだし千春も休もうよ」
/186ページ

最初のコメントを投稿しよう!