序章

1/1
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/46

序章

 真にその果実を欲するのなら、その果実が手に落ちて来るまで木の下で待て。    決して他の実を捥ぎ取るな。    の者が別の果実を貪ろうとも捨て置け。    垂涎しどんなに喉が渇き枯れようとも。    待つ間、それを強奪せしめる者が現れたなら己のすべてで守り抜け。    果実が手元に堕ちて来るまで―――  巨大な寝台に付けられた天蓋の紺青のカーテンは、この国の夜空を思わせた。  彼の匂いの付いた寝台に寝かせられる。  まるで繊細な金細工を扱うかのように。  シーツも青くて海にも思える。  首を軽く傾げて見渡す。  頭上に広がる一面の紺青アル・ラズワルド。  砂漠の夜空の下で寝転んでいるみたいだ。  しゅ、と布が擦れる音に目をやると、ヘサームがカーテンのタッセルを解いていた。  ひとつずつ、留められていたドレープが落ちていく。  四つ目のタッセルが解かれると、完全に夜空の世界に閉じ込められる。  青いシーツ上で柔らかな白金色の髪が波打つ。  薔薇の色香を放ちながら、翠色の薄絹に透ける艶やかな真珠の肌。  ヘサームは、それらを壊さぬように覆いかぶさり、口づけた。  青の幕越し、重なる影が映し出される。  細い腕が伸び、覆いかぶさる逞しい体躯の頭部を抱えた。  アイーダは心臓が喧しいくらいに高鳴った。  麝香ムスクの匂いに覆い包まれ、どきどきし過ぎて胸が苦しい。  胸元に枝垂れ落ちている烏羽玉色の髪にすら、感じてしまう。 「アイーダ・・・」  熱い吐息を含む声に、どきんっと胸がひと鳴りする。  愛おしむ大きな掌が、やわらかな髪を撫でる。  それだけで目頭が熱くなってしまう。  涙が溢れ切ったしまう前に目を閉じる。  ちゅっと瞼に口づけが落とされた。 「あ、あの・・・ ヘサー・・ム・・・」 「ん?」  たどたどしい声に、ヘサームは訝しがる。 「・・・っ やさしく・・・して ね」  恥じらいでいっぱいの、小さく零れる声。  瞬間ふたたび唇が重ねられた。 「ん・・・、んんっ・・・ちゅうっ ちゅっ」  薔薇の花弁の間から入り込んだ欲の舌は、願いを聞く気がない事を示している。 「保障は出来んな・・・。私以外の前で肌を晒したからな」  静かに、でも、確実に怒りを孕ませた声が、薄い皮膚同士が触れる距離で吹き込まれる。 「ぇ・・・」  褐色の長い指の手が、頬、首筋、鎖骨、薄絹上で胸、腹を這い、太ももで留まり緩やかに撫で往復した。 覚えがない・・・あ、 「思い出したか」 「んッいあッ‼あんぅっ‼」  裾のヒレを持ち上げ、内太ももを辿った長い指がショーツを通り抜け、中指ちゅうしが蜜を溜めだした壺口を弄り、指金を嵌めた権力の指は、小さな突起を押し潰した。
/46

最初のコメントを投稿しよう!