一カ月後

1/1
40人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

一カ月後

 それから一カ月ほどたった、その神社で……  初夏の蒸し暑い午前三時、ひとりの女がまた、丑の刻参りをしようとその神社を訪ねていた。  境内は少しきれいになっていた。本殿までの参道がきれいになっている。  女が境内に入ったとき、 「何をしようとしているのですか?」  白の袴を着た若い女性が、彼女に話しかけてきた。 「な、なにって、あなたには関係ないことじゃない」  しかし、袴の女性は 「いえ、関係があります。私はこの神社の宮司……、と言っても新米ですが。お話を聞かせてはいただけませぬか?」 「話って……」 「お力になりとうございます」  それを聞いた彼女は、 「わ、わかったわよ……」  そういってしぶしぶと話をはじめた。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!