エンマ大王の裁き

1/1
40人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

エンマ大王の裁き

 魂が体から離れてしまった洋子は、みひろから思いもよらぬことを告げられた。 「おかげで、私の未練は晴らせました。ありがとうございます」 「ありがとうございます、ってどういうこと? お礼を言うのは私のほうですよ」  一呼吸置いてみはるは小声で、 「私は、あの男に襲われて、自殺してしまったのです……」  それを聞いた洋子は、 「じゃあ、五年前の事件の被害者って!?」 「私です。あの男だけはどうしても許せなかった……」 「だからこの朽ち果てた神社で、彼を殺すチャンスをうかがってたの?」 「そうです。もう神様もいなくなった神社ですから……、あの男を殺せる機会をうかがっていました」  そこまで話すと、みひろの体が透明になって光り始めた。彼女は幽霊だったのだ。 「この後私は地獄へと参ります。洋子さんは天国に行けるよう、お祈りしていますね」 「ちょっと待って! それじゃああまりにあなたが……!」 「いいんです……」 「待って!」  その瞬間に洋子の体も光り始めた。  ほどなくして二人は黄泉の国のエンマ大王の前に立った。  みひろと洋子はひととおり話したのち、洋子は必死にみひろをかばう。 「私は地獄行きでかまいません! ですが、みひろさんはあまりにもふびんです。どうか天国へ……!」 「いえ、そんな、あたしは……」  二人の話を聞いて、エンマ大王はひとつの決断を下した。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!