桜さくら【改訂版】

天才絵師に愛された雪桜太夫。ある日美しい男娼に恋をした…10年以上前に公開した作品の焼き直しです。

83 196

歴史・時代 連載中
24分 (14,148文字)
改定前の桜さくらも、いずれひっそりと公開します。

あらすじ

花のお江戸に、恋の花火が打ち上がる。 吉原の太夫 雪桜太夫 芳町の陰間 狐 江戸の絵師 喜多川歌麿 悲しみの町から始まる恋は、幾重にも絡まりすれ違う。 それでも、真っ直ぐに恋をした。 血を吐く

シチュエーション

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る