アフタヌーンティー

5/8
12人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ
 席に着く(ボクは椅子の背もたれに掴まって羽を休めるている)と、メニュー表をギャルソンが持ってきてくれた。メニューを開いてテーブルに置いてくれたギャルソンに声をかける。 「包帯でイッパイだね!」 「ハロウィンの特別仕様でございます」  胸に手を当て、優雅にお辞儀をする。その所作一つ一つに、つい見惚れてしまう。きっと女の子からキャーキャー言われてそうだなぁなんて余所事を考えていたら、ギャルソンが注文票を手に尋ねてきた。 「ご注文はいかがいたしましょう」 「アフタヌーンティーセット!ボクとこの子の分!」  ボクが答えると、ギャルソンはエリーの方を向いた。エリーがこくりと頷くのを確認して、「承知しました」と答えてから注文票に書き込んでいく。 「お飲み物はいかがいたしましょう?」  続けての質問に、ボクは羽を休めることも忘れて、ギャルソンの顔の前まで飛行した。 「ネ、ネ、ネ、ネ、ネ!カエルのタマゴの入った泥水アル?この子に飲ませてアゲテ!コノ子よりもチョット大人の女の子が、皆んな飲んでるカエルのタマゴ!」  精一杯捲し立てるけれど、ギャルソンは腰を曲げて頭を下げてしまう。 「申し訳ございません。生憎、当店ではカエルの卵を食用として仕入れておりません」 「ソッカァ……」  悲しくて、思わずそのままテーブルに着地してしまう。  せっかく、エリーに人間の女の子の気分を味わってほしかったのになぁ……。  しょぼくれていると、ギャルソンが「しかし」と前置きして顔をあげた。 「その代わりですが、見た目はカエルの卵に非常に近く、お嬢様の御年代の方々が好んで注文する飲み物ならごさいます」 「ホント! ? ソレちょーだい!コノ子に飲ませてあげるノ!このお店で一番オススメのが良いナ!」 「かしこまりました。……これはお嬢様の分で?」 「ウン! ボクは、冷たいエスプレッソ!ストローはいらないや!」
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!