幕間(まくあい)のセンチメント

心に降り続く雨、その幕間

13 643

10分 (5,714文字)

あらすじ

好きでもない町から離れる日が、明後日に迫ったというのに、少年は空と一緒に泣き濡れていた。 やがて空は勝手に泣き止み、少年は一人で雨模様。 そんな彼に訪れた晴れ間のお話。 …… 超・妄想コンテスト「傘

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

言霊使いの見事な秀作。

言葉には力があると信じられる篠藤さんの作品。 おそらく数分か数十分の まさしく幕間の出来事を、 こんなに美しい言葉で見事に昇華させるさまは ぞくぞくするほど素敵です。 一行目からぐいっと惹きつけられ

その他情報

公開日 2019/6/30

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る