雨と風と傘

【妄想コンテスト(傘)参加作品】傘を掲げて悠々と通学路を歩いていました

2 13

4分 (2,209文字)
当話を平凡且つ当たり前と思わない方はいますでしょうか。その方とは気が合いそうです。

あらすじ

 急な雨にクラスの誰もが慌てていた。けれども當山太樹だけは余裕綽々と帰宅準備をしている。少年の傍らには折り畳み傘が置いてあった。 #三行から参加できる超・妄想コンテスト「お題:傘」 #公式コ

シチュエーション

タグは登録されていません

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る