Scarlet Rose[灼熱の愛] 

2/19
1364人が本棚に入れています
本棚に追加
/245ページ
「明日連れて帰るとは話したけど、來斗さんがこっちに向かうって言ってたから」  すれ違いにならない為に、ゲストハウスで來斗が迎えに来るのを待つ事になった。  「沙羅、ちょっと来てみなよ」 結弦に呼ばれてウッドデッキに出てみると、さっきよりも星空が広がって見える。 「綺麗だけど、代わりに冷えてきたな」 昼間は頬に当たる清涼な風が、深夜には肌を冷やす凍て付く風に変わってた。 「気温差が凄いのね」 ついさっきまで、あんなに大きなホテル会場にいたのに。此処はまるで別の空間が広がってる。  煌めく星空に目を奪われながら、心は秘かに來斗を想う。愁仁とはあれからどうなったのだろう。    父様が無茶な事をしていないといいけれど。激怒されてらっしゃる様子が目に浮かんで怖い。
/245ページ

最初のコメントを投稿しよう!