真夜中に馬車が通る

閉じ込められた部屋から見えるのは、幻、なのだろう、多分。

Nuno

12分 (6,755文字)

21 205

あらすじ

見慣れた家具、見慣れた壁紙。 ここは紛れもなく私の部屋なのだけど、 どういう訳か、いつからなのか、 私はここから出ることができないのだ。 ゴシックホラー風味。 でもホラーじゃないです。 18/J

感想・レビュー 2

優しい道化師

 Nuno様失礼致します、歌識 奏です。  真夜中に馬車が通る、読ませて頂きました。静かな空気感から始まって、ホラーかな・・・と思い、そこから始まる道化師とのやりとり。  彼の言葉一つ一つの染みるよ
2件1件

大事に読みました☆☆☆☆☆

古い馬車が夜中にやってくる。 そして美しい白塗りの道化師。 ティム・バートンの耽美な世界を感じました。 なぜ彼女は長いこと、一人ぼっちでいるの? 素直になれないの? 本当の気持ちを隠しているの?
2件7件

この作者の作品

もっと見る