1

1/5
152人が本棚に入れています
本棚に追加
/252

1

   「振られたーー!」 入ってくるなりドアも閉めずに喚いて泣く。 「また!? あんた進歩無いわねぇ」 「男が振られたくらいで泣くんじゃない! 本物の相手に巡り会えるまで、振られ慣れときな!」 姉の罵声と母の鶴の一声で黙る。哲平7歳、すでに多感なお年頃。 宇野哲平、宇野家長男。4人姉妹に挟まれた3番目。 両親:宇野彦介ひこすけ 母:勝子しょうこ 双子の姉:一知花いちか二知花にちか11歳。 一つ下の妹:莉々6歳 二つ下の妹:茉莉まつり5歳。  さらに、すぐ近所に住む祖母:ともえ70歳と伯母:竜子44歳が夕食時には二人で家に来る。 女性7人に囲まれた父と息子2人の男。  父の口癖は『男子たる者!』と、『あ、すまん』と、『いつかきっと』。強気に出ても尻すぼみにならざるを得ない境遇で、細く細く立派に戦っている。少なくとも哲平に対しては父として断固たる態度を取っている。 「哲平、振られるたびに男が上がるって言うぞ」 「上がんなくていいから好きな子と手を繋ぎたい」 「もっと高い志を持て」 「どうして母ちゃんと出会った時にそこで手を打ったの? 『こころざし』っていうのが低かったの?」 「お前にだっていつかきっと分かる時が来る」 「『いつかきっと』って、いっつも父ちゃん言うよね。それっていつ?」 「うるさいわね、外行ってやってちょうだい!」 非情な母の声が入る。 「父ちゃん、なんで黙っちまうんだよ」 「……哲平。男は黙って我慢だ」 「俺、男やめたい」 世の中、理不尽に出来ていると思う。    
/252

最初のコメントを投稿しよう!