テトリス道

1/1
103人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

テトリス道

    結局ゲームは負けた。 「残念だねー」 「今日の先輩はイジワルですね!」 「ゲームでは遠慮しないんだ。また対戦してあげるよ」 「練習して来ます! エストニアに行くまでに何度か挑戦しますからね!」 「いいよ、胸貸してあげる」  帰りの車の中、途中までは悔しかった。だが、あのオムライスを思い出し少しずつ可笑しくなってきた。 (『おれの』って…… そういえば文字数少ない分、ケチャップの太さたっぷりあったな) とうとう一人なのに笑い声をあげてしまった。 (俺、こんな正月初めてだ……) 誰かとゲームをする。一緒に食事を楽しむ。声を上げて下らないことで争う。 (先輩…… ありがとう!)  一つ違いだし、認めてもらえたらいつか友人としてそばにいたい。  気がついた。 (先輩の働き方って、テトリスなんだ!) [仕事と仕事の間に空きが無い。終わるころには次のことを考えているんだ。どれをやっていてもペースが変わらない。そして手抜きが無くて正確だ] (まさ)にテトリスをしている時のジェロームの姿だ。ゲーム中に言っていた。 『コツ? ……7つの種類しか落ちてこないし、次に落ちてくる形分かってるし。目の前のを落とす場所を決めたら次のを見ればいいだけでしょ? 仕事よりうんと楽だよ』 (エストニアでテトリス練習しよう!) 健のテトリスの道が始まる。   
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!