先輩は『いいよ』って言う。

4/7
18人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
先輩は、第二音楽室にいるらしかった。 それは特に珍しいことではなく、吹奏楽部が練習をする第一音楽室の隣の教室で、先輩はよくピアノを弾いている。 幼いころから習っていたらしいピアノはとても上手で。 先輩の繊細な指先に触れられた鍵盤は、胸を締め付けられるくらいに切なげ音で鳴くのだった。 階段を上り、音楽室がある廊下に出れば、その旋律が優しすぎるくらいに優しく鼓膜に触れた。 好きだ、好きだ、好きだ。すごく。 泣くな、泣くな、泣くな、まだ。 吸い寄せられるように教室に近付く足は、自分のものではないようだった。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!