雨……のち晴れ

5/5
778人が本棚に入れています
本棚に追加
/26ページ
「秋穂おいで」 優しく呼ばれた、その言葉にも私は素直に耳を傾けられない。 泣きながら祐樹を見上げた私を、祐樹は何も言わず引き寄せた。 私達が持っていた傘が下へと音を立てて転がる。 そんな事を気にすることなく、祐樹は力強く私を抱きしめる。 その行為に涙が止まらない。 「ゆう……」 「好きだよ。今も昔も変わらず秋穂が好きだ。意地っ張りなところも全部。甘やかしてやれなくてごめん」 言いかけた私の言葉より先に言われた言葉に、私は驚いて涙も止まった。 めったに言ってくれない、嫌初めてかもしれない祐樹の言葉。 往来でこんなことをしている私たちを、周りの人々がチラチラと見ていたことに気づいて赤面する。 「ダメだ」 祐樹は離れようとする私を片手で囲うと、落ちた私の赤と緑の傘を広げた。 「隠れても目立つだろうな……」 そんな事を独り言のように呟きながら祐樹は傘で2人を隠すと、そっとキスをくれた。 いつのまにか晴れ間が広がる空から、優しい雨が落ちる。 晴れた日に降る雨の中隠れてキスをしよう。鮮やかに色ずく世界で。 fin
/26ページ

最初のコメントを投稿しよう!