だから隣にこないでー! ~ショートショート~

1/1
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/1
 都内にある、現代アート大学では文化祭が開催されていた。  その最も注目を集めているのは『人間美術館』の発表会場。  色々な立体系の美術作品を、生徒自身が表現することになっていた。  が……  3年生のチアキは『考える人…ならぬ…考える女』に扮して台に座った。  その隣にやってきた同年のコウジは『小便小僧』に扮してポーズを取った。  するとチアキが、隣を見るなり、 「ちょっと、私の隣に立たないでよー!」 「えっ、どうして?」  コウジは困惑気味に()いた。  すると彼女は、さらに彼を(にら)むようにして、 「とにかく、私から出来るだけ離れてー!」 「分からないな……。僕はただ『小便小僧』を表現しているだけだよ」 「それがマズいの!」 「はっきり言いなよ! なんでそんなに僕のことを嫌うのか?」  それを聞いていた関係者の男たちも、 「そうだな。彼女が、それほど彼を嫌いな理由って何なんだ?」 「なかなか良い出来じゃないか……」  すると『考える女』に扮したチアキが立ち上がり、 「じゃ言うわ。あなたを嫌いな理由はね―― 私とあなたが並んでる状況を客が見たら、私のことは、 『大便してる女』 を連想するに決まってるからよ!」  ――おわり――
/1

最初のコメントを投稿しよう!