なほ恨めしき 朝ぼらけかな

1/6
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
 繁華街が騒がしくなる金曜の夜。 とある雑居ビル地下1階に、その店はひっそりと営業中の看板を掲げていた。  BAR『Coffin』  営業時間:20時~翌4時  手首を返すと細いベルトの腕時計はPM8:12を表示している。 カツンカツンと少しおぼつかないヒール音が、店へと続く階段を響かせる。  階下のダークブラウンの扉を開ければ、暗い店内を照らす間接照明の柔らかな光と、静かに流れるジャズミュージックが客を出迎えた。 「やぁ、いらっしゃい。(かなめ)ちゃん」  カウンター越しにマスターが、いつもの糸目で優しく微笑む。その笑顔にホッと頬を緩ませたパンツスーツ姿の彼女は、カウンターに6つ並んだ席の奥から2番目へ吸い込まれるように座った。  この店はマスター1人とカウンター席だけで営業するとても小さなBARで、この席が毎週末この店へやってくる彼女の特等席となっている。  彼女が着席すると目の前にはもう、コルクのコースターが一つ置かれていた。 「いつもので?」 「あ、うん。お願い」  壁一面に並ぶ酒瓶を背景に、マスターがタンブラーグラスへウォッカを注いだ。  初めて彼女がこの店を訪れた2年前から、1杯目は『ブラッディ・マリー』と決まっている。ウォッカベースのトマトジュースを用いたカクテルで、「食生活に野菜が足りない」と、最近体に気を遣い始めた彼女のお気に入りだ。  なみなみと注がれたトマトジュースで赤く染まったグラスをバースプーンで掻き混ぜれば、カランカランと小気味の良い音がカウンターに響いた。 「はいどうぞ」 「いただきま~す」  ひんやりとしたグラスに口をつけ、真っ赤な液体を流し込む。 「あれ? マスターこのトマト大丈夫? いつもより変な味するけど……」  そう言われ、再びグラスを受け取り一口すすると、マスターの切れ長の瞳はカッ!と見開かれた。  確かにトマトの新鮮さは無く、生臭い味が口に広がる。 「ゴメン! すぐ取り換えるね。お詫びに1杯目はサービスさせて」 「マジ? やったー。マスター間違えてくれてありがとー」  苦笑しながらもマスターはカクテルを作り直す。再び置かれたグラスを口にすると、「これこれ~」と言って要は満足そうにそれを飲み下した。 「そう言えば要ちゃん、今日は一段と疲れてる?」 「それが聞いてよマスター」  彼女の『聞いてよマスター』は、この2年間幾度となく聞かされた常套句だった。この言葉が出るのは、彼女が精神的に参っている時と決まっている。  それをただただ黙って聞いてあげるのが、この店のマスターの役目だった。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!