1 ログイン

1/1
25人が本棚に入れています
本棚に追加
/53

1 ログイン

 パソコンを起動させると、ゴミ箱の隣に横向きの少年のイラストがついたアイコンがあった。星奈はまだ小学六年生だがダブルクリックすればこのアイコンが起動されることを知っている。 兄の修一は今年市内でも難関の高校に入学し両親から最新のパソコンを買ってもらっていた。そしてこの少しだけ古いパソコンは妹の星奈のものとなった。少し緊張してダブルクリックをする。 高らかなトランペットのファンファーレが鳴り響き大きくタイトルが浮かび上がった。 『Knight Road』 星奈は音楽を聴きながら画面を眺めていると、甲冑を着た戦士と木の杖を持ちローブを着た猫、筋骨隆々で弁髪姿の格闘家などが次々とポーズを決め始めた。 動画が止まると『ログイン』のボタンが現れる。星奈はそっとクリックした。 「修一、学校はどうだ?」 父親の伸二が威厳を感じさせるようにゆっくりと太い声で尋ねる。 「うん。まあまあかな。思ったよりも授業は難しくないみたい」 修一は最近かけ始めたウエリントン型の眼鏡の位置を細かく直しながら答えていた。 母親の奈保子は満足げに修一を眺めている。星奈は少しだけ疎外感を感じたが目の前の豪華な夕飯は修一の進学のおかげだと思い不満には感じなかった。 それよりも兄が眼鏡のせいで優しい瞳が隠され『メガネ男子』になってしまったことが残念だ。 星奈は『Knight Road』のことを教えてもらいたく食後すぐに部屋に戻ってしまった修一を追いかけた。 「お兄ちゃん、ちょっといい?」 ノックをすると「いいよ」と返事があったので「お邪魔します」と頭を下げて部屋に入る。 「あのね。ナイトロード? ってパソコンにあったんだけど遊んでもいいかなあ」 「んん? ああ。やろうとおもってインストールしてたんだった。でももうやる暇なさそうだなあ」 修一は椅子を回転させて天井を眺めている。 「やってないんだ」 「出来るならやっていいよ。ほら」 小さな紙切れに修一はIDとパスワードを書き星奈に渡す。 「ありがとう」 「まあほどほどにな。あと本名とかキャラにつけるなよ」 「うん」 操作について公式ページを読んでも理解できなかったところがあり星奈はもう少し修一に聞きたかったが奈保子がやってきた。 「星奈。お兄ちゃんの邪魔したらダメよ。これから忙しくなるんだから」 「あ、はーい」 「お風呂入って寝なさい」 「わかった。じゃ」 星奈は修一の部屋を出た後、これからの兄のことを想った。 ――修一は小さい頃から喘息とアトピー性皮膚炎を患っており、身体も弱い方だった。母親の奈保子は常に息子の状態を気に掛ける日々で衣食住こと細かく管理していた。 部屋の掃除は勿論のこと洗剤や食物にも気を配られた。奈保子は良いと思えることはすべて試し継続させた。そのおかげなのか年齢なのかわからないが中学に入学するころには喘息の発作はもう出ず、アトピー性皮膚炎も落ち着いていた。 それからはより高い学力を発揮し今では難関高校に入学。両親は鼻高々だ。 修一は医師を目指すと言う。生来の虚弱さを克服し志を高く持つ修一は片桐家の中でスターだった。伸二も奈保子も彼に集中してしまっている。家族の盛り上がりを星奈は遠巻きから懸念していた。 **************** トランペットのファンファーレが鳴り響き『Knight Road』の文字が浮かび上がってくる。正樹は音楽を聴きながら、パソコンの画面のオープニングを少し眺めてスタートをクリックした。  中学生になった御祝いに父親の幹雄からパソコンを買ってもらった。母親の洋子からは渋い顔をされたが、ゲームで育った幹雄は寛容で、今時の子供が世代を超えて遊べる場所はネットゲームくらいしかないと逆に洋子を説得していた。 ただし、条件がある。成績と視力が著しく落ちることと両親との会話が無くなった場合には即パソコンを取り上げるというものだ。理解のある父親を尊敬の念を込めてこっそり元ネトゲ廃人と呼ぶ。  幹雄は結婚前の若い頃、一時ネットゲームにハマり引きこもったことがあったらしい。それを洋子がなんとか現実に引き戻し、今の状況があるようだ。その時の話を聞くと正樹でも事の大変さがわかった。半年間、幹雄は引きこもり食事も親に運ばせて部屋に出るのはトイレと週一の風呂くらい。隣に住む幼馴染の洋子が幹雄の様子を見かねて部屋に押し入り、パソコンを机から落として壊したらしい。その後の警察を呼ぶ呼ばないの凄まじい喧嘩の後、幹雄は憑きものが落ちたようにネットゲームから引退し働きはじめ、やがて洋子と結婚した。 そして現在、双子の女児と正樹に恵まれ落ち着いた生活を送り続けている。  幹雄は今でもネットゲームをすることがあるが、週末プレイヤー程度でネット漬けになることもなかった。ネットゲームのハマりにはプレイヤー同士の人間関係も大きいらしく共存、依存の関係が現実のそれよりも濃密で短期間でなくてはならない存在になりやすいらしかった。そして現実より仮想現実のほうがリアリティを帯びてくるというものだ。インターネットに関することでは洋子が、幹雄と正樹に厳しい視線を送ってくる。しかし子供心にも友人の多い正樹はネットと現実の人間関係に区別がついているつもりではある。  プログラムされた同じ動き、決まった数値の敵を倒すことには少し飽きがきていて、敵も同じ人間なら熱いプレイができるはずだと期待を大きくし、キャラクターの設定を始めることにした。  『Knight Road』通称『KR』は二国に分かれて戦うMMORPGで大規模多人数同時参加型オンラインRPGと言われるものだ。二国はそれぞれ獣人である亜人種とヒューマンに分かれていて正樹は獣人国家を選んでいた。 どうせやるなら現実と違う方がよいと吟味した結果、銀色の毛並みを持つ兎の魔法使いになることにした。パラメーターの高さを考慮すると性別が女になってしまうが、気にせずに魔力の数値が高い方を選ぶ。選択し作り上げたキャラクターに合うように『月姫』と適当な名前を付けた。これからこのネットゲームがどれだけ正樹に影響を与えることになるか、この時はまったく想像をしていなかった。ただ面白そうだという好奇心だけで繊細な少年の指先はキーボードを叩いている。 「ただいま」  正樹は元気よく玄関を開け階段を上がり二階の自分の部屋に帰ってきた。勢いのよい階段を駆け上がる音を聞きつけて洋子は正樹の部屋に行きノックをする。 「おかえりなさい。ちゃんとやることやりなさいよ」 「わかってるわかってる」  洋子は肩をすくめて階段を降り夕飯の支度の続きを始めることにした。(幹雄の二の舞になったら承知しないんだからね!)  ここ一週間ほどパソコンに夢中になっている様子が手に取るようにわかった。洋子としては早く部活動を決めて学校生活の充実を図ってもらいたく、今日こそ夕食時に幹雄に厳しく言ってもらおうと思っていた。 (ニートにするために美味しいご飯作ってるんじゃないんだから!) ふんっと息巻いて洋子はまな板の上の玉ねぎを勢いよくみじん切りにした。
/53

最初のコメントを投稿しよう!