プロローグ

1/1
49人が本棚に入れています
本棚に追加
/100

プロローグ

まだ明るい時間帯のスクランブル交差点。 街頭テレビのスクリーンに、ワイドショーのライブ映像が映し出される。 好感度ランキングは常に上位。 良き夫・良き父親役が定番の国民的俳優の不倫が報道され、リポーターたちから糾弾されていた。 「奥様には、何とお詫びしたのですか? 」 「お子様たちには、どのように説明されたのでしょうか?」 あろうことか、不倫相手の下着を被ったまま、ピースサインを向ける画像まで出回っていた。 「もう、これまでのような役は演じられないでしょうね」 「家族思いのイメージだったのに、幻滅です!」 コメンテーターたちも、こぞって彼を吊し上げる。 「申し訳ございませんでした!!」 まるでドラマのような土下座を繰り出す国民的俳優に、世間の声は冷たい。 「コントみたい、ウケる!」 「パフォーマンス? 本当に反省しているのか、謎」 その謝罪は、誰のために?
/100

最初のコメントを投稿しよう!