2.倫音、父を知る。

13/16
49人が本棚に入れています
本棚に追加
/100
「それにしても、いい男ねぇ…」 「殴りに行くんじゃなかったんですか?」 雄造の残像を追うようにウットリと呟く恵子に、呆れ気味に佳乃が呼び掛けた直後。 ドシーン! 病室の壁が、轟音と共に揺れた。 「何、何? 地震!?」 しかし、その後に聞こえてきたのは避難の呼び掛けではなく、言い争う声だった。 「私、ちょっと見てきます!」 「やだ、佳乃ちゃん、ズルい。私も連れてって!」 懇願する恵子をベッドに置き去りにし、病室を飛び出した佳乃が見たものは…。 殴られ、壁に押し当てられた院長こと門倉雄造の姿だった。
/100

最初のコメントを投稿しよう!