通り雨のように-Answer-

雨の日に見付けた恋。もう一つの物語。

8 293

9分 (5035文字)
両方同時に、お楽しみ頂ければ…

あらすじ

夢を追って走り続けた青年は、大きな挫折を乗り越えて、妥協と甘受の日々を過ごしていた。 そんなある日、突然の豪雨を避けて雨宿りした軒下で、『花嫁』のように着飾った女性と出会う── 短編『通

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 1

人生はほんのささいなきっかけで変わっていくというメッセージを感じました。

冒頭で提示される“濡らしてはいけない大事な商売道具”とは何か。読者が気になる“物語のフック”を上手く作っています。彼はオーケストラのオーボエ奏者であると判明。愛用の楽器を水で濡らすことはご法度だとわか

その他情報

公開日 2019/6/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る