天野さんは傘が好きすぎる。

1/7
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ
佐野(さの)くん、こんにちは!」  雲ひとつない快晴の日のこと。  下北沢(しもきたざわ)駅の改札を出ると、頭上に輝く太陽に負けんばかりの眩しい笑顔で、天野(あまの)さんがこちらに手を振って近づいてくる。  (いな)。  手に持った傘を振って近づいてくる。危ない。 「……今日もそれ持ってきてるの? こんなに晴れてるのに?」  あまりにも呆れた僕が「こんにちは」も「待たせてゴメン」も言わずに指摘すると、 「はい、これは佐野くんへのメッセージですよっていつも言ってるじゃないですか」  なんて、微笑みとともに返してくる。 「メッセージねえ……」  一見(いっけん)、僕と同じ高校二年生には見えないほど小柄な体躯(たいく)小顔(こがお)の天野さんは、だがしかし大きな瞳をキラキラと輝かせながら、 「私は将来、こう(・・)なりたいんです!」  と、傘を掲げて宣言するのだった。 「傘のように雨から人を(まも)る存在になりたい、ってこと?」 「あはは、そんな高尚(こうしょう)なお話じゃありませんよ」  天野さんは笑顔で返してくる。  ふむ。理解できない。  でも、理解できないのはいつものことだ。  僕は天野さんから、この数ヶ月もの間、ずっとこの『メッセージ』とやらを送られている。  雨の日も晴れの日も、部室にこの傘を持って来て、机の上に置いたり、扉の前に立てかけたり、ホワイトボードのペン置きに吊るしたり、僕の視界にこれ見よがしに配置するのである。(机の上に置いた時はさすがに僕も注意したけど)  時折(ときおり)、「そろそろ分かりましたか?」なんて、じーっと見つめて言われるものだから、僕はその度に(かぶり)を振ることになってしまう。  今日もいつも通り分からないだけなのだから、あんまり深く考える必要もないだろう。 「それじゃあ、行こうか」  僕が歩き始めると、 「はい!」  と、天野さんは元気よくついて来てくれた。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!