第4話 ランジェリーマジック

1/18
5064人が本棚に入れています
本棚に追加
/392

第4話 ランジェリーマジック

眞鍋さんとたくさんのキスをして泣きながら別れを惜しんだあと、ベンチに座り手を重ねてお互いの存在を確かめていた。 「なんか勘違いしてるみたいだけど赴任するのは来月からだからな。今日は単なる現地の視察」 「えっ?」 なんだか彩香さんにうまい事のせられたかも。 でも、おかげで手遅れにならずに眞鍋さんの誤解を解くことが出来た。 (本当に良かったぁ) 安堵して繋いだ眞鍋さんの手を見つめた。
/392

最初のコメントを投稿しよう!