プロローグ

1/1
628人が本棚に入れています
本棚に追加
/86

プロローグ

2xxx年 近未来といっていい時代の話だろうか。 日本の人口が1億人を下回って久しい。 むしろ、下降を辿る一方だ。 平均寿命の横這いから、僅かながらに伸びるのは 医学の発達、生命に関わるテクノロジーの進化に寄るものに他ならない。 人手というものもAIの発達に寄り、さほど問題視はされていない。 同僚がAI。家族がAI。その状況は、今や全く珍しいものではなかった。 ただ、どうしても神の域は超えられない。 人でなくてはならない。 人口を増やす。つまり、母体の確保。 合計特殊出生率ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ(英:total fertility rate、TFR)とは、人口統計上の指標で、一人の女性が出産可能とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示す。 この指標を出すに当たり… いわゆる“出生率”と我々が呼んでいるもに当たる指標。 一概には言えないのかもしれないが それは 単純に解釈するとしたら 男女におけるカップルが 2人子供を産んだとしたら、人口は横這い 1人以下で減少 3人以上で増加。 そう、認識するとしよう。 どれだけテクノロジーが進化しようと 変わらない事がある。 人は、人が産まなければならない。 産むことが可能である年齢も然り。 今や、0だ。 出生率0時代。 AI普及による、コミュニケーション不足。 ますます懸念されるのは、男女間においての育みではないだろうか。 国を挙げて、政府が乗り出したのは いや、国だけに限らず、地球規模で… AIによるマッチング。 つまり、AIが間に入った婚活だ。 結婚の意思のある者 もしくは “無い”以外の者はAIにより マッチングが開始される。 半ば強制的に政府より支給されるAI 出生率0の時代において政府が本気で取り組んだ男女の出会いを斡旋する、婚活。 その為だけに特化され、開発されたAI 通称0と呼ばれるそれは AI界におけるスペシャルエリート。 様々な機能が埋め込まれている。 常に、自ら考え、進化する 限りなく人に近く 果てしなく結果を追い求める。 成果は、まずまず・・・。
/86

最初のコメントを投稿しよう!