プロローグ

1/1
998人が本棚に入れています
本棚に追加
/27

プロローグ

大学修士課程を卒業して、わたしは彼の元に嫁ぐつもりだった……。 地元京都を出て、彼がいる東京に移り住むつもりだった。 東京で、就職活動をしたわたし。 彼と同じ会社の内定を頂いた。 でも……大学修士課程を卒業する半年前の10月。 内定式と懇親会に出席するために上京し、彼がいるこれから勤める会社のオフィスビルに入って、わたしは信じられない光景を目にしてしまった。 彼が、他の女性に壁ドンしていかがわしい事を始めようとしてる所を……。 わたしに気づいた彼がわたしに弁解しようとしたけれど、内定式の会場ホームに逃げ込んで、彼から逃げた。 内定式と懇親会が終わり、わたしは本当は彼の家にお泊りするつもりだったけれど、彼の住んでいる賃貸マンションに寄ってわたしの私物を回収し、ポストに“さよなら”と書いた手紙と合鍵を投函して、新幹線に乗って京都に帰った。 そして、彼の勤める会社の内定もお断りした……。 彼との連絡手段を全て拒否設定し、年末にわたしの住む実家に彼が訪ねてきた時も会わなかった。 結婚前提に付き合ってたから、ショックは大きかった。 地元のAI開発会社に就職したわたし。 彼とは2度と会う事は無いと思ってた……。 電気機器関連会社: AIロジックテクノロジー株式会社 AIサジェスト開発部エンジニア 椎名心実(しいな ここみ) 28歳
/27

最初のコメントを投稿しよう!