第一食・―前菜・スープ―

1/2
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/10

第一食・―前菜・スープ―

 屋敷に住まう主人は美食家だ。  食事には気を使うし、深夜晩酌する際のつまみでさえ、手を抜く事は許されない。  全く以て面倒なのだが、これで結構楽しみながら料理をしている。  ただ、主人は少し特殊な趣味の持ち主である。  美食家でありながら、悪食にして、拘りも甚だ強いのだ。  だから、毎日主人から何をリクエストされるのか、心躍りながらも、戦々恐々としているのもまた、事実なのだ。  ――嗚呼。今夜は……が食べたいなぁ。  今日も主人が、大きな屋敷の長い廊下ですれ違う時に、こちら――腕を見ながら舌舐りする。  ……正気か? 料理人から取り上げて、一番困るモノをリクエストするとは、全く以て酷いな。  背筋が粟立つ。  主人のためなら腕の一本や二本、惜しくはない。どうせ直ぐに再生する。  ただ、痛みや苦しみは感じるから、一時的には辛いだろうが。  直ぐ様厨房へと足を向けると、大振りの肉斬り包丁を手にする。  ぎらぎらと光るソレは、普段から手入れしてあるため、骨までも良く斬れるだろう。
/10

最初のコメントを投稿しよう!