第死食・―最後の晩餐―

1/4
8人が本棚に入れています
本棚に追加
/10

第死食・―最後の晩餐―

 あるところに、とても大きな屋敷に独り棲む男がいた。  男は独り。ずっと独り。  いくら趣味を極めても、美味いものを食べても、独りには変わりなく、共有出来る召し使いすらいなかった。  だから男は禁忌の術に手を出した。  あくまを召還し、言ったのだ。  ――傍にいてくれ。  あくまは……と言った。  すると、男がにやりと笑う。  ――私は美食家。この世のありとあらゆるものをくれ。そうしたら私が君に、最高の食材を提供しよう。  かくして男は、あくまを召し使いにした。  その日からの生活は一変する。  ずっと独りだった男の傍には、ありとあらゆる願望が揃った。  あくまに要求し、再生する身体を使って食材を調達してくる。  食べる。  また料理する。  そんな繰り返しが、何年も、何十年も続いた。  飽きる事なく。絶える事なく。尽きる事もなく。連綿と続いた。  あくまは待った。  いつの日か、最高の食材を提供してもらえるその日まで、男に仕え続けた。
/10

最初のコメントを投稿しよう!