アンブレラ・ガーデン

その世界ではいつも雨が降っていた――ノイズレインと呼ばれる雨が。零士の前に現れた少女の正体とは?

14 243

SF 完結
14分 (7988文字)

あらすじ

情報ネットワークが破壊つくされた後の世界。いつも雨が降りつづく世界の中、人々は閉鎖空間――ガーデンで生活していた。 零士と陽子の前に謎の少女が現れる。するとそれまでの生活は一変。何が真実か?分からなく

感想・レビュー 1

極上のエンターテインメントとして結合していました

ノイズと呼ばれる破壊的ナノマシーンが含まれた雨。電脳感染を恐れて、人は傘型の情報端末を使用する未来。サイバーパンクの香りがする設定です。その豪雨の中、傘も差さずに立つ女。期待に胸が高まる最高の幕開けで

その他情報

公開日 2019/6/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

QUIET

新世界のバイオハザード

SF 連載中 過激表現
43分 (25736文字)
もっと見る