#01 レイニーデイ

1/1
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/11

#01 レイニーデイ

   ――ザザザザザ――ッ    その世界では、いつも雨が降っていた―――。    ――バチッ   「痛ッた! ちょっと零士(れいじ)! 傘、振り回さないでよ! (ノイズ)がかかったでしょ!」 「あん? うっせーなあ~ 死にゃあしねえって」 「はーあ? 雨で電脳がバグったらどーしてくれんのよ? あんたみたいに元から壊れてる脳みそなら構わないでしょうけどね!」 「んだと陽子(ようこ)っ!」  その世界では、いつも雨が降っていた。  ナノ分解された電子的ノイズの雨が―――。    あらゆるネットワーク、情報端末を破壊した電子世界大戦終結から20年。人々はドームと呼ばれる電子障壁に囲まれた閉鎖領域――ガーデンで生活していた。  能勢零士(のせれいじ)と、本条陽子(ほんじょうようこ)は戦後生まれの市立光明高校2回生だ。   「でも、真面目な話、零士、あんたいいかげん傘変えたほうが良いんじゃない? その表示なによ? 404とか表示されてるケド……情報表示(インフォメーション)、狂ってるでしょ?」 「うっせーな、こんなん振りゃあ直るんだよ」 「だーかーらー! それがダメっつてんでしょーが!」  雨にはノイズとよばれる破壊的ナノマシーンが含まれている。だから脳の一部を電脳化していた人類は電脳感染を恐れ、傘型情報端末――通称アンブレラを装備していた。これは見た目としては、過去に存在したビニール傘に近いもので、傘をすっぽりと被ってしまっても、周りを見ながら歩くことができる。そして、内側はモニターとなっていて、さまざまな情報が映し出されるのだ。 「ね、ねえ……零士……」 「んだよ! まだ文句か! これはなあ俺のオヤジの形見の傘なんだよ!」 「う、ううん……そうじゃなくて……あれ……」 「――え?」  それは異様な光景だった。  ガーデンにはいつにもまして強い雨が降っている。  予報ではノイズ含有率が80%を超える危険な雨だ。  そのノイズレインの中、立っている者の姿があったのだ。    しかも――  その人物は……傘をさしていなかった。
/11

最初のコメントを投稿しよう!