お天気雨

私の初恋……。 それは特別な時間だった……。

26 240

39分 (22,882文字)
前の作品「お天気雨」のリメイク版です。

あらすじ

小学生の時に神社で出会ったキレイな男の子。 お天気雨の中のお嫁さんに憧れる。 いつかは私も……。 私の初恋。それは特別な時間だった。

感想・レビュー 3

女性として、人としての雅やかな愛の賛歌

天気雨。 タイトルであるこの言葉がまず幻想的かつ神秘的。 その秘密のベールに包まれて、ふうちゃん(主人公)が神隠しの最中、1人の美男子(こん)と出会うことからこの物語の幕は上がる。 空は今よりも

やっぱり好き

はなちこさんの作品はどれもすき。 ぎゅって切ない恋心も、大切な人とかも。 読んでて泣きそうになって堪えた! あぁ、私にも素敵な人が現れないかしら(笑)

雨の日も悪くない

運命の糸が見える瞬間って、ありますよね。 こういうセンチメンタルな恋愛系が好きなので、ほっこりしました。 素敵な物語を、ありがとうございます。

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2019/6/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る