無花果の呪い

人は、鬼とそれが使役する魑魅魍魎の脅威に晒されて生きていた。和風ダークファンタジー。

14 166

57分 (33,797文字)
感想大歓迎です。

あらすじ

人は、鬼とそれが使役する魑魅魍魎の脅威に晒されて生きていた。 険しい山の上にそびえる雉山城は三体の鬼と魑魅魍魎による襲撃を受けていた。 愛染は仲間である流川や長谷川とともに、城主の次男・総治郎と尼僧

感想・レビュー 1

最後がせつない

紹介文通りにバットエンドです。 戦闘描写がスピーディで臨場感があり、止まらなくなります。 鬼の性格が人間臭く、ヤンキー語録も飛び出し、ちょっとふふってなります。 メリハリのある作品です。 愛染の

その他情報

公開日 2019/6/26

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る