小隅さん、終了のお知らせ

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/5

小隅さん、終了のお知らせ

小隅さんは行方不明になった。 梅雨の時期ではあるがその時は特に降水量が多かった。 三日三晩豪雨が続き、朝刊の週間天気予報にまた雨マークが並ぶのかと誰もが思う、そんな朝に行方不明となっていた小隅さんは大雨の日の、雨が少しだけ小降りとなった朝に発見された。 前日の夜、勤務先から帰宅しようとしてそのまま行方不明となった小隅さん。 Q.小隅さん、貴方は何で行方不明になったのですか? A.はい。 俺はあの晩、雨が尋常じゃないくらい降っていたので、特に気を付けて車で帰宅したんです。 自宅の近くに借りていた駐車場に車を停めて、家に向かいました。 いつもだったら徒歩3分位の距離なんです。 でも、そのときに限ってマンホールの蓋がずれてたんですよ。多分雨のせいですね。 ちょっと隙間が開いてまして… ああ、隙間に引きずり込まれたのですね? 半分そうです。 半分、と、言いますと? はい。 その時、本当に連日大雨だったんですよ。 俺の膝下位まで水が来てるところもあるくらいでした。 でね。いろんな物が流れて来るんですよ。そりゃもういろんな物が。 …パイプが流れて来てたんですよ。 俺の住んでいる所はそこそこ田舎なんで、結構農業やってるとこがあるんです。そこのビニールハウスの骨組みのパイプが流れて来てたんです。 なんでか知らないけれど。 風も強くて、しかもそこは坂になってたんです。家は坂の上、俺は坂の下。 雨水の流れは速い。上から流れて来るパイプ。 避けれませんね。はい。 大怪我確定です。 いや、結局怪我どころじゃなくなったんですけど。 ああ、もうダメだーって思ったとき、急に足が引っ張られたんですよ。えっ?って思ったときにはもうパイプは通過していて。ただ、引っ張ってくれたのが隙間の妖精さんだったのでそのままマンホール行きでした。 はい。水が溢れているマンホールでした。 溺れました。 ぶっちゃけ、苦しかったです。 こうして行方不明になった小隅さん。 翌日の朝、遺体となって発見されたのは近辺の川である。 マンホールに落ちた後、下水道を流され終点の川まで行ってしまった小隅さん。 これにて、25年の人生に幕を閉じたのであった。 めでたし、めでたし。 そして始まる第2の人生。
/5

最初のコメントを投稿しよう!