傘差し女と傘差し男

今日も七色の雹が降る。

6 100

6分 (3,262文字)

あらすじ

七色の雹が「飴」に変わる。感情をもたらす「飴」に。 傘差し女の「あたし」は飴が怖くて傘を差す。 そんな中、隣町にいる傘差し男の「彼」と出会って―― ※コンテスト「傘」に参加中。

この作品に含まれるキーワード

目次 3エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/6/26

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る