私が嫌いな愛崎さん

3/19
39人が本棚に入れています
本棚に追加
/19ページ
それから何分かしたあと。 ふと、甘ったるい香りが鼻についた。 思わず顔をあげる。 今来たのだろうか。 前の席に女子が座っている。 スラッとした細い後ろ姿。 明るい茶髪のショートカット。 顔は見えないけれど、金に近い茶色の髪も。ピカピカ光る磨かれた長い爪も。どれもとてもきれい。 地味な私と対照的なタイプだ。 「おー、アンナ。また一緒じゃん」 前の席の愛崎さんに、男子生徒が近づいて話しかける。 ツンツンと短い金髪。耳にはいくつかのピアス。 「おはよ、カズ。ていうか、このクラス元B組多くね?」 「それ思った。しかもB組の中でもバカなのばっか」 「は?一番のバカはお前だろカズ。ていうか、一緒にすんな」 「あとブス多い」 「それもお前」 ゲラゲラという笑い声が響く。 別に私のことを笑っているわけじゃないのに、妙に居心地が悪い。 でもやっぱり同じ名字の愛崎さんがどんな人か気になって、目線だけ動かして前を見る。
/19ページ

最初のコメントを投稿しよう!