降りしきる雨に失くした傘を思う。

傘を失くしたあの日から、私の心はずっと濡れたまま……

斉川春妃

5分 (2,434文字)
傘のコンテスト用に書きました(^ ^)最後にほっこりと温かい気持ちになって頂けると嬉しいです。

17 1,401

あらすじ

 勤め先からの帰り道、雨に濡れるとあの日の事故を思い出した。  夫が居なくなって五年。私たち親子を守るものは……。  ******* 6月28日、ジャンル、ヒューマンドラマで12位を頂きました。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

それは雨の日のことだった

……雨、降りそそぐ雨、   アスファルトの上、音符が散らばった…… ……夢、眼の前は滲んで、   たった一歩さえ、踏み出せないまま…… ──うつむけば   水溜まりに映る ぼやけた自分を見た   
1件