森本ユキノ

1/4
441人が本棚に入れています
本棚に追加
/24

森本ユキノ

「ヒナコ、だいぶまいってるわよ。」 腰をマッサージしてくれてるイオリにそう言うと、『へえ』って短い返事の後。 「新庄、時代錯誤な男だからなー。」 あまり気持ちの入ってないようなトーンで言った。 「イオリから見てもそうなの?」 「うーん。育った環境なんだろうけどさ。結構古臭い事言ってるよ。」 「そうなの?」 「今日のバーベキューだって、ヒナちゃんばっか動いてたから手伝おうって言ったんだけど、女がやる事だとか何とか言ってさ…」 「へーえ。」 ま、そういうあなたも、ミユキちゃんに鼻の下伸ばしてたけどね。 私、森本ユキノは28歳。 妊婦。 夫のイオリとは、社内恋愛。 結婚の話は…まだ出てなかったけど。 私の妊娠と共に、イオリがプロポーズして来た。 「俺にユキノの未来を預けてくれ!!」 預けてくれって(笑) あんた、銀行かっつーの。 私は心の中で小さく笑いながらも、涙を浮かべてイオリの胸に飛び込んだ。 私は…昔から冷めた性格だ。 カッコ良く言えば『クール』だけど、正確には…無関心。 だから、人間関係とか恋人とか親友とか…結婚とか離婚とか、本当はどうでもいいのよね。 でも、ヒナコは入社式で隣にいて。 すごく可愛かったから。 好きになった♡ え?女だろって? そこは別にどうでもいいのよ。 ヒナコを好きで好きでたまらないわけじゃないから。 でも順位で言うと、一位がヒナコ、二位がイオリ、三位…もう嫌いな人以外はみんな一緒だわね。 こんな感じ。 私の『好き』のレベルなんて、たかが知れてるわね。 だけど… あの時ばかりは、驚いた。 入社以来、親友として隣にいたヒナコに…彼氏を紹介された時よ。 そこには、見覚えのある男がいた。 そう。 セフレの関係の後、少しだけ恋人関係になった新庄キヨシがそこにいたからよ。 大学時代、人数合わせで行った合コンで知り合ったキヨシ。 明るくて頭のいいキヨシは、人気者だった。 当時、私には彼がいたけど、そんな人気者から誘われたら…まあ、興味あったし。 二次会の後で、即ホテルへ。 そこでコトを終えた後に、お互い恋人がいる事が分かって… セフレ契約を結んだ。 キヨシは後腐れのない、いいセフレだった。 身体の相性もまあまあ良かった。 キヨシが就職した途端、付き合おうって言って来た時は少し驚いたけど、別に損はないからいいかな。ってOKした。 だけど、会うたびにセックスしたがるキヨシ。 がっつくように始めて、自分がイッたらおしまい。 ちょっとちょっと… セフレの時の方が、よっぽど良かったわよ… そんなわけで、私のセフレ探しが始まった。 元々、男の子と一緒に居る事が多かった私は、歴代彼氏に『ユキノは信じられない』ってフラれる。 キヨシとも、そんな理由で別れた。 まあ、いつの時も、それが作戦と言えばそうなのかな。 自分がフッて後を引かれるより、私がフラれてサッパリ終わる方がいい。 なんたって、私はそこまで本気にならないから。 誰に対しても。 だからー… ヒナコの事は好きだけど。 自分にとって面白い事があれば。 『親友』って関係も、薄っぺらくなっちゃうかもよね。
/24

最初のコメントを投稿しよう!