弐。

1/1
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/9

弐。

(そもそも、嫌いなところ(・・・・・・)を探そうと思うから、行き詰っているのではないだろうか……) 「社長ッ! 今日は、有難うございましたッ」  例の、新卒ルーキーが大きな声で腰を直角に折り曲げている――ああ、こいつは野球部出身だったっけな――初のお手柄に、嬉々とした表情で俺のデスクの前にやってきた。 「おめでとう。これからが勝負だな。先輩たちと協力しながら、しっかりやってくれよ」 「はいっ!」  社内のムードが明るくなる。  小さな会社だ。ワンフロア、全員のデスクが向かい合わせに並んでいる。『良かったなー! 張り切り過ぎて、ポカすんなよ?』などと、明るい掛け声が各所から上がる。  (かなめ)も、月末の経理処理でPCに齧りついていた顔を上げ、美しい(・・・)笑顔で『おめでとう』とエールを送っている―― (うん? 今、要と目が合ったが……。逸らされたのか?)  今日一日、社内にいる間――要からのあからさまな視線には少々閉口した。視線があれだけ雄弁だとは思わなかった。なにか収穫はあったのだろうか? まあ、一週間後には分かることだ。 「お先に失礼します、社長」  (かなめ)は、仕事が済み定時に帰宅した。俺はこれから件の契約内容を、法務関係の社員と新卒ルーキーとで詰める予定だ。  俺達は同棲している――同性で同棲――おやじギャグみたいだが、れっきとした恋人同士だ。俺の片想いが成就して、この幸せな生活を確保するまでに随分と年数がかかった。    だからこそ―― (そうか! 嫌いなところ(・・・・・・)ではなくて『改善したほうが良い(・・・・・・・・・)と思われるところ探し』に切替えてみれば、もう少し気楽に要観察(かなめかんさつ)ができるかもしれない)  少しだけ気持ちが軽くなった。  今夜の夕食当番はあいつだ――そう考えたら、腹が空いてきた。早く仕事を片付けて帰宅しよう、(なかめ)の待つ家へ。
/9

最初のコメントを投稿しよう!