肆 。

1/1
24人が本棚に入れています
本棚に追加
/9

肆 。

「よし! 発表しよう」  あっという間に一週間が経った。比較的ロングスリーパー傾向にある要だが、明日は休みであることや少しの興奮とが混ざり合い、いつになく元気な晩だ。 「ああ。言い出しっぺのお前から、俺の嫌いなところを言ってくれないか?」 「あ。ああ……。よし、わかった」  要のしどろもどろな態度が気にはなったが、何を言われても真摯に受け止めようと俺は覚悟を決めている。心臓が早鐘を打ち始めたが、冷静に、一言一句漏らさず話を聞くつもりだ。 「わ、わたるは――格好が良すぎる!」 「はあ?」 「だ、か、らッ!」 「……」 「格好が良すぎるから、モテるだろ? それが心配なんだよ! だから! 格好良すぎるところが嫌いなんだ」  困った。正直、どう反応していいのか皆目見当がつかない。頬や耳朶が真っ赤に染まっている要の表情から、それが嫌いな理由(・・・・・)には聞こえない。 「――こういう場合は、ありがとう(・・・・・)と言えば良いのか?」 「はあ? 僕は嫌いだって言ってるのに、ありがとう(・・・・・)はないだろ? それに、まだあるぞ!」 「そうか、すまない。じゃあ、次は何だ?」 「お前は、 優しすぎる! 頑張りすぎる! 頭が良すぎる。まあ、頭が良すぎる点は、嫌いじゃない。むしろ尊敬してる、か……」  必死に喋り続ける要の目が潤んできた。何故、優しかったり、頑張ることが嫌い(・・)なのだろう? 「お前が、自分を犠牲にしてまで部下をフォローしたり僕をフォローしたり、人より長く働いて、何でもない涼しい顔で頑張ったりしているとスゲー心配だ。だから、そんなところが嫌いなんだよ!」  こいつの嫌い(・・)は、心配や危惧(・・・・・)(よう)するに、俺を気遣っていることの裏返しなのだろう。 「他には?」 「……それだけだよ!」  ふいっと、そっぽを向いて要が答える。 「じゃあ、俺の番だな」  途端に、要が緊張した。少し背筋を伸ばし、判決を待つ被告人のような表情をしている。 「先ず、言っておくことがある。俺は、要のどこも嫌いじゃない」 「それじゃ……」 「まあ聞け。とにかく嫌いなところ(・・・・・・)は見つけられなかったが、発想を転換し、改善した方が良さそうな点をいくつか考えてみたんだ」  「それでも良ければ」と言うと、要は「聞かせて欲しい」と答えた。俺は、できるだけ感情を排除して事務的に――それらを要に伝えることにした。
/9

最初のコメントを投稿しよう!