どうってことない雨になれ

1/6
28人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ
 電車を降りて見上げた空は、鉛色だった。  雑務を放り出して定時で退社したが、私の気持ちは晴れるどころか、まんま、今の空だ。  ずっと想いを寄せていた課長が、実は二人の女性社員に二股かけている事だとか、私が好意を持っていることを、酒のつまみにして笑っていた事だとか。そんな話を耳にしてしまったのが今日の昼下がり。  たぶん世間ではありふれているだろうこの小さな悲劇は、軟弱な私のメンタルをペシャンコにしてしまった。最悪だった。朝の情報番組の星占いは吉だったのに。  いや、たぶん不吉の予兆はあったのだ。  私は左手に握ったピンク色の傘を、横目でにらむ。
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!